若さという武器

ブログ記事一覧

こんにちは。かけちです。

今回は『若さは何より強い』という内容で書いていこうと思います。

若さについて考えたことってありますかね?

 

若さって当たり前に何気なくありました。

生まれた瞬間は当然若いわけで
小中高大と日常を当然のように過ごしていくので

『若さ』を意識することがほとんどなく
その強さや貴重さや重要性を考える暇もないのですが、

 

若さは失われて初めて気づき後悔するという特有の強いものだなと思います。

 

僕はこの『若さ』を無駄に放棄してきたので
強烈に後悔しています。

 

大学時代は特に後悔が残っています。

苦手に向き合わず、上を目指さず、なんとなくで就職への道を選ぼうとしていた。

 

そんな時、高校時代から同じサッカー部で
大学の後輩で仲良くしていたやつがこんなことを言い出しました。

「俺、サッカー部辞めて音楽やります。」

 

まだ、入部して半年だぞ?

田舎からわざわざ東京出てきたのに、半年で辞めてしまうんか?

 

そんなことを思いましたが、
その後輩の目を見ると宝物を見つけたようにキラキラしていました。

僕は大学4年生で就活シーズン真っただ中。

僕は就職せずにサッカー選手を目指したかったので、
「若いっていいなあ」と一瞬思ったんですが。。。

 

違うなと。

 

大学4年生だからってそれは諦める理由になるのか?

 

いや、ならない

 

僕が大学4年生の就活シーズンになるまで、若さにかまけて過ごしていただけじゃないか。

それを「若いっていいなぁ」の一言で片づけるのはあまりに失礼じゃないか?

その後輩は、若さにかまけることなく今を最大限に生きている。

 

俺はそれを『若さ』で片づける愚か者。

 

僕はそのことに気が付き、就活はそこで辞めてサッカー選手を目指しました。

その結果、海外でサッカーだけで飯を食えるようになったんです。

 

最近でもビジネスで同じようなことがありました。

サッカーを辞めて会社員で副業で情報発信をしていたのですが、ある時フリーランスの方に言われました。

 

「なんで会社辞めないの?
副業してるってことは少なからず本業に満足してないからでしょ?
サンクコストでどんどん辞められなくなるよ?
お金は取り戻せても貴重な若い時間は取り戻せないよ?」

と。

 

まただ。また同じことを繰り返すところだった。

 

それに気が付いてから、コンサルを受けて必死にビジネスの勉強をしまくりました。

即脱サラし、

さらに24歳の時に、
残高はなかったですが分割で600万円のコンサルを受けて学びまくりました。

 

ビジネスは40代でも70代でも始められるけど
ビジネスに費やした20代の経験は得られない。

なんとしても若いうちに得なければいけないと思い、稼いでは再投資、稼いでは再投資ととにかく死に物狂いで学びまくりました。

 

彼女や両親や友人からは「騙されたんじゃないの?」と何度も言われましたが、この人たちは若さの重要性を知らないからだと無視して必死に学びました。

 

改めて若さの重要性を話すと、

 

例えばサッカー選手。

久保建英選手とかは分かりやすいですよね。

10代にして日本代表!

これが20代~30代ならここまで大きくは取り上げられません。
若いからです。

 

他にも、「女性」の若さ。
これは分かりやすく強いです。

10代、20代、というだけで世の男性は大抵のことは許します。

これを武器にして稼ぐ港区女子なら若さで何十万、何百万というブランド物を買ってもらうなんてザラでよく耳にします。

 

会社でも若いって許されるじゃないですか。

20代の若手社員なら許されるということも、50代の上司なら同様にはいきません。

当然と言えば当然なのですが、それくらい年齢という若さは強いわけです。

 

最近だと、14歳で億稼ぐ方に出会いましたね。
その方からも過去教わっていました。

20代でも億稼ぐとちやほやされますが、14歳ならなおさらです。

シンプルに1万円ネットで自力で稼ぐだけでも学校ではスーパースターでしょう。

しかし、20~50歳で月収1万円だと目立つのは非常に難しいです。

 

ただ、若さ関係なくチヤホヤされる方法もあります。

ケンタッキー・フライド・チキンの創業者カーネルサンダースとかは有名ですよね。

「すでに自分の時代は終わってしまったのか。

しかし、まだ自分にできることは残っているのではないか。

どんな状況に置かれようと自分から諦めることはしない。

60歳を過ぎて遅咲きでビジネスで大成功しています。

年齢に関係なく成功できるのがマーケティングの力ですね。

ただ、やはり目立つ上では若いほうが簡単です。

 

しかも年齢を重ねれば重ねるほどに
少し成功しても「当たり前でしょ」と言われ、
失敗すると「いい年して何してんの」と怒られる。

どんどん失敗できなくなる負のループに入ります。

実際はそんなことないのに、マインド的にも立場的にも失敗が許されなくなります。

 

若さを掛け合わせることで全て大きな自信になります。

僕が営業マンだった時もそうです。

僕自身は死ぬほどコミュ障で祖母からは
「営業なんて無理でしょう。そんなのできるの?」と言われたくらいですからねw

大学時代も僕以外でLINEグループが出来てるくらいにはコミュ障です。

そんな僕が死ぬ気で営業を学び、
上司の営業トークを録音して死ぬほど聞き、
家でトークスクリプトを作って死ぬ気で暗記し、

僕は、全国営業売上ランキングのトップ10に入りました。

1年目の新人でです。

「期待のホープだ。新支店は君に任せようと思ってる。」

こんなことも言われました。
若いってそれだけで褒められます。

ただ、もっと大きいのがこの成功体験を1年目で味わえたことです。

20代で積んだ成功体験は30代でも努力のモチベーションになり、その結果40代50代でも生かされます。

遅くなるほどに時間も自信も失われていったのだろうと思います。

 

今でこそビジネスを学び自分の力で稼げるようになりましたが、海外サッカー選手時代に学んでいたらお金に苦労することもなかったのになと思います。

男臭い部屋にブラジル人4人と一緒に住むことなく、一人で部屋を借りて優雅な海外生活を送れただろうなと。(この経験は大きかったけどw)

 

勉強の仕方もあの当時に戻って、語学を学んでいたらもっとコミュニケーションを取れたのになって思います。思い出も友達も経験も増えただろうなと。

 

それこそ思い出とか経験も同じで
10代で稼ぐ月収100万円と、50代で稼ぐ月収100万円は同じようで価値が違います。

よく言いますが、もしあの頃に戻れるなら1億円でも払うと。

だって明らかに若さには1億円以上の価値があるから。

 

今後の人生の寿命も残り10年で体験するのか、
残り50年で体験するのかで全く話が違います。

 

そんな貴重な時間が、
毎日、毎時間、毎分、毎秒と今この瞬間も失われていきます。

 

若いときにできる経験はした方がいい。

来年よりも今年
明日よりも今日
今夜よりも今です。

今が一番人生において若い日です。

 

よく聞かれます。

「50代ですけど今からでも成功しますか?」

「若くないと無理ですか?」

という質問ですが、

 

知らん。

関係ありません。
どんな年齢でも成功する人は成功します。

 

成功するなら早いほうがいいです。

というか、失敗したらまた成功するまでやればいい。

『できるまでやればできる』です。

 

もし、今まで若さにかまけて年齢を重ねてきてしまったと後悔しているとしたら、そこで辞めるのではなく今からやればいいだけの話。

そこで諦めたら絶対に成功しませんが、
また挑戦してそこで成功したら当然成功です。

80代になって「若いうちにやっておけば・・・」と後悔するくらいなら、50代でも年齢気にせずに動けばいい。

そんな風に人生を送っていれば確実に人生は変わっていくはずです。

 

ま、やるだけやってみましょ。

という感じで終わりです。

 

ーーーーーーーーー

僕は今、Xで情報発信を仕事にし脱サラをして毎日のんびり自由に
最高の人生を過ごしています

毎月、会社員時代よりお金を稼げるようになりました。

そんな僕は、

学生時代はサッカーをガチでやって、卒業後は海外でプロサッカー選手として

サッカーで飯を食っていた人間です。

その頃から、ブログやXで情報発信を始めました。

サッカーを引退後は、営業マンとして社会人デビューをして

割とゴリゴリ売り込む型のセールスだったので、しんどかったしクレームも鬼のように入ってましたが。。。

その傍ら、Xやブログで情報発信を行い10カ月ほどで950万円近くを稼ぎました。

残業ゴリゴリで休み週1の副業でこれだけ稼げたので、割といいほうだと思います。

そして、社会人デビューしてたったの一年で脱サラをして、現在に至ります。(2024年2月現在)

自分で言うのもなんですが、なかなか異色の経歴を持っているかなと。

そんな僕の過去を書いた
自己紹介記事があるので興味ある方はぜひ↓

【自己紹介】イジメられてたヘタレな僕が海外サッカー選手になり、引退後情報発信で600万円稼ぎ脱サラした話。
初めまして。かけちといいます。 こちらは、僕の自己紹介記事になっています。 僕のこの情報発信に対する信念や、 人生の野望や夢を書いた信念記事もぜひ↓ 僕は今、Xで情報発信を仕事にし脱サラをして毎日...

 

有益なノウハウを不定期でこちらの公式LINEで無料で垂れ流しています。

ぜひ登録しておいてください。⇩

LINE 友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました