NFTの始め方は5ステップ【高く売るコツも分かりやすく徹底解説】

NFTアート 仮想通貨

・今話題のNFTってどうやって始めたらいいの?
・そもそもNFTって何?
・NFTはどうやって稼ぐ仕組みなの?

このような疑問にお答えします!

本記事の内容
・NFTってそもそも何?
・NFTってどうやって稼ぐ仕組みなの?
・NFTの始め方
NFTを簡単に言うと『他には代えられない唯一無二のモノ』という意味です。

そのNFTを仮想通貨を使って売買して儲ける』というのが1番イメージされるNFT取引というものになります。

これを聞いてもNFTがよくわからないと思いますよね。

僕も最初は全くわかりませんでした・・・
そんな過去の自分でも分かるような言葉で解説していきます。

意外と難しくはなく、NFTを始めるのも5つくらいのステップで完了しちゃいます。

この記事を読めば「NFTとは何か」から「稼ぐ仕組み」、「NFTの始め方」までが一気にわかりますのでぜひご覧ください!

 

【NFTを始める前に知っておきたい】NFTってそもそも何?

NFTアート

NFTを始めていく前にまずは「NFTとは何か」を理解しておいた方がいいです。

知っておきたいポイントを3つにまとめたのでちょっとでも理解しておきましょう!

①NFTは唯一無二の資産
NFTは誰でも売買ができる
③NFTを始めるのに必要なもの

 

①NFTは唯一無二の資産

NFTとは「Non Fungible Token」の略で、非代替性の仮想通貨という意味です。

【非代替性とは?】
サッカーボールで解説をするとわかりやすいです。1個5,000円のサッカーボールがたくさん売られているとします。
そのボールはどれも同じで一個無くしても替えが利きます。しかし、香川選手のサインが入っていたとしましょう。
そのボールは世界に1つだけのサッカーボールとなり、替えは利きません。
そのサインボールはとんでもない価値がつくこともあります。それが非代替性です。

 

非代替性がどうしたの??だから何?

この非代替性がネットの世界でも導入されたのがとても画期的なのです。

ネットではコピーや改ざんが容易に出来て、誰でも入手できるような環境にありました。
例えば音楽のダウンロードや海賊版の違法漫画サイトなど、「これは私のもの」と証明するのが非常に難しかったのです。

ネット上でコピーされたりしないので、音楽・アートなど様々な業界が盛り上がっているというわけです。

 

②NFTは誰でも売買ができる

NFTは難しいイメージがありますが、簡単な審査を通れば誰でも売買ができます。

NFTは購入だけがイメージされがちですが、自分でアートなどを作って出品することで儲けることも可能です。

小学3年生の夏休み自由研究で作ったアートを出品したところ、なんと380万円で落札したというケースも。
小学生でもできるくらいNFTは身近なものです。

【NFT狂想曲】なぜ、小学3年生の夏休みの自由研究に380万円の価値がついたのか
デジタル作品を唯一無二のものとして証明できる「NFT」。ドット絵をNFTとして売ってみたある小学3年生のアート作品には、今300万円以上の価値がつけられている。

引用:https://www.businessinsider.jp/post-241969

 

購入する場合も仮想通貨を購入してNFTを買い、それを高く売ることで利益が出せます。

特別難しいことではないのです。

 

③NFTを始めるのに必要なもの

最後にNFTを始めるのに必要なものを4つ解説します。

①仮想通貨取引所の口座(CoincheckやbitFlyer)
②仮想通貨(イーサリアム)
③メタマスク(MetaMask)の口座
④オープンシー(OpenSea)のアカウント

なんか難しい単語が出てきたので簡単に説明します。

 

仮想通貨(イーサリアム)
仮想通貨の1つでビットコインに次ぐ、時価総額第2位の通貨です。
NFTの購入にはほとんどがイーサリアムコインでNFTを始めるのには必須となります。
メタマスク(MetaMask)
仮想通貨を保管しておくための専用の財布のようなもので、「ウォレット」と呼ばれます。
非常に安全性が高く大事な資産を守ることができるものです。
取引所からイーサリアムをメタマスクに送金することで、ここからNFTの購入ができます。
登録は簡単です。
オープンシー(OpenSea)
NFT作品が売買できるマーケットのサイトです。
世界1の利用者がいるのでここで購入するのが間違いないでしょう。
アカウント作成も非常に簡単です。

 

NFTってどうやって稼ぐ仕組みなの?

STEPN(ステップン)

NFTが理解できたでしょうか?
でもそもそもNFTってどうやって稼ぐ仕組みなの?と疑問の方も多いと思います。

NFTを始めても路頭に迷わないようにしっかりと稼ぎ方を理解しておきましょう。

稼ぎ方は2つです。

①NFTを安く購入して高く売る
②NFTを作って売る

それでは解説していきます!

 

①NFTを安く購入して高く売る

1番わかりやすくてメジャーな方法です。
簡単にいえば転売のようなものでしょう。

転売は悪とされがちですが、NFTの場合はむしろ逆です。

NFT作品は作成者が商品を売って、それがまた転売されていっても作成者何%か利益が入る仕組みになっています。

ブロックチェーン技術でそのNFT作品がどこまで行っても利益になるので、むしろ転売は感謝されwin-winなんです。

ただこれから値段が上がっていくNFT作品を見極める必要があるので、購入してもマイナスになってしまうリスクは当然あります。

NFTはその作品のストーリー性や有名度で価値が上がりやすいので、そのポイントで購入するといいでしょう。

 

②NFTを作って売る

NFTは先ほどの小学生の自由研究の記事のように、作って売ることで稼ぐこともできます。

どれだけ転売されていっても利益が永遠に入ってくるので、アートを作る上で革命的な仕組みです。

今はNFTであるというだけで価値も上がりやすいくらいのNFTバブルなので、将来性も非常に高いといえます。

さらにはNFTゲームでレアアイテムをゲットしたら売ることもできるので、可能性は無限に広がっています。

 

NFTの始め方の手順5つ【NFTを始めるのは難しくない!】

仮想通貨の口座開設

手順はこちらの5つです。

・①仮想通貨取引所の口座開設
・②イーサリアムを購入
・③メタマスクを作成
・④メタマスクにイーサリアムを送金
・⑤OpenSeaに登録しNFTを購入

NFTと聞くと難しそうですがそんなことはありません。
始める勇気の1歩が踏み出せるかどうかです。

 

①仮想通貨取引所の口座開設

まずは仮想通貨取引所の口座開設をしましょう。

国内取引所ならコインチェックがオススメです。
アプリダウンロード数が国内No.1で高い信頼性と、初心者にも操作しやすい取引所になっています。

今なら2022年6月30日まで2,500円分のコインがもらえるキャンペーン中なのでお得に始めちゃいましょう!

コインチェック

 

【海外移住希望必見】コインチェックの5分で出来る始め方と入金方法

 

②イーサリアムを購入

コインチェックなどの取引所の口座開設をしたらイーサリアムを購入します。

ビットコインの購入記事ですが、やり方は同じなので参考になると思います。
コインチェックでビットコインを購入する方法【スマホでどこでも簡単】

NFT作品は、0.1ETH(2022年で40,000円くらい)が基準です。
リスクはあるのでなくなってもいいやくらいのお金にとどめておきましょう。

 

③メタマスクを作成

次はメタマスクを作成します。

メタマスクのアプリ

写真のようにスマホアプリでもブラウザでも作成可能です。

無料で時間もかからず作成できます!

 

④メタマスクにイーサリアムを送金

次にメタマスクにイーサリアムを送金します。

写真はコインチェックアプリから送金する画面です。

コインチェックでイーサリアムをメタマスクに送金

 

⑤OpenSeaに登録しNFTを購入

最後にOpenSeaに登録してNFTを購入します。

NFTではキーワードで検索できるので自分の欲しい作品を簡単に探すことができます。

これで購入をすればNFTデビューです!

 

まとめ:NFTの始め方はたった5ステップで難しくない!

仮想通貨

この記事のポイントをまとめます。

①NFTとは替えの効かない唯一無二のもののこと
②NFTは誰でも始められる
③NFTは売買によって稼ぐことができる
④NFTは5ステップで始めるのは難しくない

 

NFTと聞くと難しそうなイメージですがそこまで難しくないイメージを持ってもらえたでしょうか。

今はNFTブームで非常に価値も上がってきています。
誰もが持つことが当たり前の時代が来るかもしれません。

しかしみんなが持っていたら価値は上がりません。

まだまだ普及していない今だからこそ始めることに価値があります。

もちろんリスクはありますのでなくなってもいいやくらいのお金で投資をすることが大切です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました