海外留学のコンセント事情まとめ!【変換プラグ・延長コード・変圧器】

海外・留学

海外留学に行くけどコンセント事情ってどうなの?よくわからない・・・

コンセントの変換プラグってなんで必要なの?
どの国がどの変換プラグに対応してるの?
そのほかのコンセント事情もあったら詳しく教えて!!

このような疑問に答えます!

 

本記事の内容

・海外留学でコンセントの変換プラグが必要な理由
・海外留学先に合わせたコンセント変換プラグの解説
・海外留学のコンセント事情【延長コード・変圧器など】

 

このような内容です。

 

ポルトガル

この記事を書いている僕は、現在ポルトガルにサッカー選手としてきて5ヶ月になります。
他の国にも渡航経験があって、コンセントの事情は細かいところまで知っています。

コンセントのことを知らないと現地でいろいろ対応しないといけなくなるので、この記事を見て日本であらかじめ準備をしておきましょう。

快適な海外留学生活を送ろう!

 

[quads id=1]

 

海外留学でコンセントの変換プラグが必要な理由

スマホ

 

海外では基本的に日本の形状のコンセントは使えません。

僕のいるポルトガルのコンセントの形状は以下の写真のように丸い穴が2つです。

ポルトガルのコンセント

このように日本のコンセントはまず挿せません。

なので変換プラグを必要とするんです。

 

ポルトガルではCタイプという形状なのでそれを購入します。
それが以下の黒いものです。

Cタイプの変換プラグ

 

 

そしてこれをつなげてコンセントに挿した実際の画像が以下です。

変換プラグを使用

 

こんな感じで海外で実際にコンセントで充電をすることができます!

接続は本当に簡単!
ちゃんと日本で買って持っていこう!

 

海外留学先に合ったコンセント変換プラグの解説

留学

 

実際の海外でのコンセント使用方法がわかってもらえたところで、
次はどの国がどのコンセント変換プラグなのかを解説。

以下に国別プラグタイプ・電圧・周波数リストを紹介します。

プラグタイプ 電圧 周波数
カナダ A 110V 60Hz
アメリカ A 120V 60Hz
メキシコ A 110V 60Hz
タイ A 220V 50Hz
グアム A 110~120V 60Hz
北マリアナ諸島 A 120V 60Hz
パラオ A 110V 60Hz
台湾 A 110V 60Hz
エクアドル A 110V 60Hz
パナマ A 110V 60Hz
プエルトリコ A 110V, 120V 60Hz
バルバドス A 110V 50Hz
バハマ A 120V 60Hz
ケイマン諸島 A 110V 50Hz
ドミニカ共和国 A 110V 60Hz
ホンジュラス A 110V 50Hz
キューバ A, B 110V 60Hz
ネパール A, B, B3, BF, C, SE 115V, 220V 50Hz
パキスタン A, B, B3, C 110V, 230V 50Hz
ジャマイカ A, B3 110V 50Hz
エルサルバドル A, B3, BF 110V, 220V 60Hz
ベリーズ A, B3, BF, C 120V, 240V 60Hz
ニカラグア A, BF 120V, 240V 60Hz
ハイチ A, BF, C 110V 60Hz
グアテマラ A, BF, C 120V, 240V 50Hz
トリニダード・トバゴ A, BF, O 115V, 230V 60Hz
カンボジア A, C 220V 50Hz
ベトナム A, C 220V 50Hz
ラオス A, C 220V 50Hz
フィリピン A, C, O 220V 60Hz
ブラジル A, C, SE 110V(サンパウロ, リオデジャネイロなど),
127V(マナウスなど),
220V(ブラジリアなど)
60Hz
ペルー A, C, SE 220V 60Hz
ウェーク島 A, O 110V 50Hz
モルディブ B 220V 50Hz
ミャンマー B, B3 220~240V 50Hz
ジブラルタル B, B3, BF 230~240V 50Hz
スリランカ B, B3, BF, C 230V 50Hz
アラブ首長国連邦 B, B3, BF, C 220V, 240V 50Hz
インド B, B3, BF, C, SE 115V, 230V, 240V 50Hz
モンゴル B, B3, C 220V 50Hz
バングラデシュ B, B3, C 230V 50Hz
スイス B, C 220V 50Hz
ノルウェー B, C 230V 50Hz
スウェーデン B, C 220V 50Hz
デンマーク B, C 220V 50Hz
モーリシャス B, C, B3, BF 230V 50Hz
中国 B, C, O 220V 50Hz
オランダ B, C, SE 230V 50Hz
ウルグアイ B3, BF, C 220V 50Hz
チリ B3, BF, C, SE 220V 50Hz
イギリス BF 240V 50Hz
アイルランド BF 220V 50Hz
マレーシア BF 220V 50Hz
ブルネイ BF 230V 50Hz
カタール BF 240V 50Hz
香港 BF 220V 50Hz
シンガポール BF, B3 230V 50Hz
マルタ BF, B3 230V 50Hz
グレナダ BF, C 230V 50Hz
セントルシア BF, C 240V 50Hz
アルゼンチン BF, C, O, SE 220V 60Hz
アンティグア・バーブーダ BF, C, SE 230V 50Hz
イタリア C 220V 50Hz
ドイツ C 230V 50Hz
スペイン C 220V 50Hz
ポルトガル C 220V 50Hz
オーストリア C 230V 50Hz
リヒテンシュタイン C 220V 50Hz
アイスランド C 220V 50Hz
フィンランド C 220V 50Hz
チェコ C 230V 50Hz
ハンガリー C 220V 50Hz
クロアチア C 220V 50Hz
インドネシア C 220V 50Hz
ボスニア・ヘルツェゴビナ C 220V 50Hz
アルメニア C 220V 50Hz
ウクライナ C 220V 50Hz
ギリシャ C 220V 50Hz
ポーランド C 220V 50Hz
ブルガリア C 220V 50Hz
エストニア C 220V 50Hz
スロバキア C 220~230V 50Hz
スロベニア C 220V 50Hz
ベラルーシ C 220V 50Hz
マケドニア C 220V 50Hz
ラトビア C 220V 50Hz
リトアニア C 220V 50Hz
ブータン C 230V 50Hz
ニューカレドニア C 220V 50Hz
フランス領ポリネシア C 220V 60Hz
トルコ C, B, B3 220V 50Hz
サンマリノ C, B, BF 220V 50Hz
フランス C, SE 220V 50Hz
ベルギー C, SE 220V 50Hz
ルクセンブルク C, SE 220V 50Hz
ルーマニア C, SE 220V 50Hz
アルバニア C, SE 220V 50Hz
モロッコ C, SE 220V 50Hz
韓国 C, SE, A 220V 50Hz
ニュージーランド O 230~240V 50Hz
オーストラリア O 220~240V 50Hz
クック諸島 O 230V 50Hz
ソロモン諸島 O 230~240V 50Hz
フィジー O 240V 50Hz
キリバス O, A 240V 50Hz
出典:https://www.iae-ryugaku.net/column/outletinfo/

 

世界中同じにすればいいのに・・・と思うほど国によって全然違います。

ちなみに日本はAタイプで、基本的に海外ではNG。

今いるポルトガルではCタイプで、それ用に変換プラグを購入しました。
以下のように200〜300円程度で、通販や家電屋さんで購入できます。


 

また、このようにその国にしか行かない場合はCタイプだけ購入でもいいですが、色々な国に行く方はマルチタイプがおすすめ。

どの国にも対応したものが1つになっていて、いちいち買わなくてもいいので安くすんで便利ですね。

しかも結構小さくて軽いのも素晴らしい。


 

僕は行く国が決まっていたのでその国専用の変換プラグを購入しました!

 

海外留学のコンセント事情【延長コード・変圧器など】

海外のコンセント

 

そのほかにも、実際に海外にいて感じたコンセントの情報を解説します。

解説するのは以下の3つです。

・①延長コード
・②変圧器
・③予備、モバイルバッテリー

 

 

①延長コード

延長コードはあったほうがいい!

家の環境にもよりますが長いコードがあったほうがいいし、複数充電できたほうがいいです。

ただこれも日本の製品を使うと故障してしまうので、別に購入する必要があります。
海外のボルト数に対応している100〜240V対応の商品かどうかを確かめましょう。

差し込みぐちが世界中で使えるように対応されており、3個させるので結構重宝しています。


延長コードの取り扱いには気をつけながらも、あるとかなり便利になります!

 

②変圧器

基本的には必要ありません!

最近のスマホやパソコンなどはユニバーサルデザインで世界の電圧に対応しています。

なのでコンセントの形状だけ気をつければいいです。

ただ変圧器不要かを見分けるには、アダプター部分の入力電圧の記載を確認します。
記載されている中の「入力(INPUT)」が「100V-240V」となっていれば海外でもそのまま使用できます。

日本から家電製品を持っていく場合は一応見ておきましょう。

僕は基本パソコンとスマホやイヤホンしか充電しないので変圧器は持っていません!

 

③予備、モバイルバッテリー

海外のコンセント

コンセントプラグの予備や、モバイルバッテリーは欲しい。

実際コンセントプラグが半分くらい壊れてしまって不安に怯えています。

長期間海外に行くなら2つあると安心でしょう。

モバイルバッテリーは、もしものことがあると海外ではどうにもならないので持っていこう。

コンセントをポルトガル人に貸したら変換プラグのことが分かっていなくて少し壊されました・・・

 

まとめ:海外留学にコンセント変換プラグは必須!

ポルトガル

 

この記事のポイントをまとめます。

・海外はコンセントの形状が違うから変換プラグが必須
・いろんな国に行くならマルチタイプがおすすめ
・延長コードは海外対応のものを持っていこう
・変圧器は基本必要なし
・予備の変換プラグやモバイルバッテリーがあると安心

 

海外留学の準備としてコンセントの変換プラグは必ず用意しておこう!

その国にしか行かない人はその国対応のプラグを、世界中を飛び回る人はマルチプラグがおすすめ。

延長コードや予備のプラグ、モバイルバッテリーもあると便利です。

変圧器は使う電化製品に合わせて用意するかを考えましょう。

早めに準備をして快適な海外留学を送ってください!

 

 

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました