留学中のホームシックの乗り越え方3つ【もう悩まない意外な方法!】

留学中のホームシックの乗り越え方を知りたい、、、
ホームシックの原因や症状って何があるの?

留学中にホームシックにならないために、対策できることはある??

こんな疑問に答えます!

 

✅本記事の内容

・留学中のホームシックの原因や症状
・留学中のホームシックの意外な乗り越え方3つ
・ホームシックにならないためにできる対策

 

このような内容になっています。

 

ポルトガル

この記事を書いている僕は、現在ポルトガルでサッカー選手をして5ヶ月になります。
渡航経験も2回あり、例外なくホームシックを経験しました。

僕の経験から少し意外なホームシックの乗り越え方をご紹介します。

「ありきたりな対策をしてみたけど上手くいかない・・・」という方はぜひ参考にしてみてください!

また、留学前にできるホームシック対策も一緒に解説しているので最後までご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

留学中のホームシックの原因や症状 【乗り越えるために知っておこう】

ネガティブな気持ち

ホームシックを乗り越えるには、まず自分が「これはホームシックなんだ」と受け入れることが大切です。

そのためにホームシックの原因や症状を知っておきましょう!

ホームシックは誰にでも起こり得るし、恥ずかしいことでもないです。
これを乗り越えることで強くなったり、価値観が広がったりもします。

それではいきましょう。

 

留学中のホームシックの原因

留学に失敗した人

1、【孤独感】

原因は「孤独感」だけと言ってもいいですね。

それだけ孤独を感じる要素や頻度や大きさが留学にはあります。

具体的には、言葉が通じないことによって会話の輪に入れずに孤独を感じる。
家族や友人・恋人に会えない寂しさからくる孤独感。
悩みを共感できないことや弱音を吐けないことによる孤独感などです。

僕自身もありとあらゆる場面で「自分は孤独だ・・・」と感じていました。

きっとあなたも同じように孤独を感じてホームシックになっているでしょう。

海外生活の孤独とその対処法【乗り越えた先にあるものは?】

孤独を知って人は支え合ってしか生きていけないことを知り、孤独を知って人を愛することを知ります。
なんてかっこいいことを言ってみました・・・

 

 

2、【成長を感じない】

勉強

次に語学や精神面などで「成長を感じない」という原因です。

留学に来ているからには喋れるようになりたいし、人間的にも成長したいと考えるのが普通ですよね。

そんなせっかくの留学で自分が全く成長を感じないと思ったら、ここまで来て何をしているんだろうと自己嫌悪に陥ってホームシックになります。

 

しかし、成長というのは突然くるものではなく気づいたら変わっているものです。

突然変わったものではその要因もわからないので、またすぐに戻ってしまいます。

なんで前までこんなことができなかったんだろうと感じるのが「成長」です。

僕がお世話になったメンタルコーチの方に「成長する」ということ教わりました!!

 

 

3、【体調を崩す】

僕がポルトガルに来て初めて大きく風邪を引いたときに、すごいホームシックに襲われました。

海外に来て何もできないなんて自分は何をしているんだろう・・・

ただの風邪がこんなに精神に関係してくるなんて思いもしませんでした。

海外では身体の健康と心の健康がより密接に関係しているんです。

体調や怪我には特に気をつけておくとホームシックになりにくいでしょう!

サッカーをしているので怪我をしたらもっと病んでしまうでしょう・・・

 

留学中のホームシックの症状

不安

1、【何もしたくなくなる】

全てが無気力になって外に出たくなくなり引きこもるようになります。

たまにそういう日もあるとは思いますが、何日も続くと余計に外に出られなくなって日本に帰るという選択になってしまうでしょう。

何もせずに寝るというのも大切ですが、外に出てみることをしてください。

体調が悪くて練習にも行けないし、本当に何もしない日もありました。そんな自分を許して甘やかすことだって必要です。
勇気を出して海外に踏み出した自分を褒めたっていい!

 

 

2、【突然涙が出てくる】

ホームシックになると突然涙が出たりします。

でも我慢せずに泣いちゃいましょう。結構スッキリします。

これが続いていくとあまり良くないので、しっかりとホームシックを自覚して向き合っていく必要があります。

ホームシックをきっかけに心の病気になることもあるのを知っておいてください。

体から出る反応を我慢したり無視したら、脳が余計に出すことを拒んでしまいます!
感情ダダ漏れでも人間らしくていい!

 

 

留学中のホームシックの意外な乗り越え方 3つ【体験談】

希望

次にホームシックの乗り越え方です。

僕はあまり社交的でガンガン行けるタイプではないので、弱っている時に人と絡めるほど心が強くありません。

なのであまり他では紹介されていない少し意外なホームシックの乗り越え方を解説します。

あなたも同じようなタイプであれば結構役に立つかもしれません!!

紹介するのが以下の3つです。

・①日本食を食べる
・②ノートに想いを書く
・③弱音を友達や恋人に吐く

 

それでは解説していきます。

 

①日本食を食べる

「え、そんなこと?」と思う人も「その手があったか!」と思う人もいるかな・・・

自分的には結構ストレスが吹き飛んで回復しました。

やっぱり海外にいると日本食を食べる機会は減ります。
海外の食事も美味しいですが、日本のお米の安心感とか落ち着く感じは味わえないですね。

ただ寿司とか日本食のお店に行くと結構高くつくので、スーパーの日本食コーナーのカップ麺とかがお気に入りでおすすめです。

ラーメンとか最高でした・・・

個人的にはカップ麺とか1つでもストックしておくのがおすすめ。
なんか嫌なことがあったときにカップ麺があるという安心感があって、なんだか気が楽になります(笑)

海外のカップ麺のパッケージはなんだか微妙な気もしますが、味は日本と変わらないものになってます!!

 

②ノートに想いを書く

感謝ノート

僕はノートが海外で生活する上で欠かせないものになっています。

結構やっている人は少ないかもしれませんが、溜まったストレスを全てノートに書き殴る。

他の人に見られないものだから、汚い言葉もすごく弱気な言葉もとにかく今の感情をぶつけます。

すると今の感情がスッキリと整理されて、今やるべきことは何なのかがだんだん見えてくるんです。

「書かなくても整理できるよ!」と思うかもしれませんが、これは試してみないとわからないかもしれませんね。
本当の感情を吐き出せる相手ってなかなかいません。
でもノートなら全て黙って受け止めてくれます。

 

他にも感謝ノートといって1日の感謝をつけていくものや、夢ノートといって目標を書いたりしています。

感謝ノートを書くだけで効果絶大?書き方は?【1年続けてみた結果】

夢を叶えるには【夢ノートの書き方、実体験】

よければ参考にしてみてください!

このノートを後から見返すのが結構面白い!
この時病んでたなぁとか苦労したなぁとか成長の過程が振り返られるノートになっていきます。

 

③弱音を友達や恋人に吐く

電話

最後に定番の誰かに相談することです。

送り出してくれた家族にはなかなか弱音を言えないこともあると思います。
ただ聞いてくれる友達や恋人に話すのはやっぱりスッキリしますね。

そんな相手がいないのならノートに書いてもいいし、思い切って相談してみるのもいいでしょう。

僕も普段相談はあまりしないんですが、この留学の相談を機により仲良くなった人もいます。

海外にいると言葉が通じないのもあって笑う回数が減りがちです。
ビデオ通話をしたり思いっきり楽しく日本語で話すと結構スッキリしますよ!

 

留学中のホームシックを乗り越えるためにできる対策

ノート

最後に留学中にホームシックにならないように対策できることや、準備しておくといいものをご紹介します!!

 

ノートに目標を書いて持っていく

先ほども解説したように目標をちゃんと持っておくと、自分を見失ってホームシックになることも減ります。

飛行機の長い時間の中で、しっかりと留学の目標を明確にしておきました。

 

僕はノートは欠かせないアイテムなので、ノートを特別感のあるものにしたりして開くのがワクワクするようなものにしました。

ノートは頻繁に変わっていくので、ノートカバーを買って使っています。

革製品で光沢感もあって肌触り良くて結構お気に入り。

色も5色あってもう何年も使っているので、もし気になったら覗いてみてください。


勉強のモチベーションもアップするからけっこうおすすめ!

 

日本食持参

ラーメン

日本食はいくらあってもいいもんです。

経験者はけっこう炊飯器を持っていったりするみたいですね。

他にもちょっとしたふりかけとか調味料とか、箸を持ってきているのもいいなと思いました。

荷物にならずに海外に持っていける日本食があれば検討してみては!

日本食を持っていると海外の人にもウケがいい!!

 

まとめ:留学中のホームシックは乗り越えられる!

海外旅行

この記事のポイントをまとめます!

・ホームシックの原因は主に孤独感から来る

・ホームシックの症状は虚無感や涙が出ること

・ホームシックの乗り越え方は日本食とノート!

 

このような感じです。

 

ホームシックは誰にでも起こることで、誰でも乗り越えることができるものでもあります。

症状が出たら無視をせずにホームシックを受け入れ、自分の心と会話するようにしましょう。

自分の機嫌の取り方は自分がよく知っていると思います。
僕の場合はノートが大きく力になってくれました。

せっかく海外に出るという一歩を踏み出したなら、その期間だけでも自分ととことん向き合い乗り越えて強くなろう!

海外への最初の一歩を踏み出したあなたならきっと乗り越えられるはず。

 

おわり。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました