ラトビア、リトアニアの物価、住みやすさは?

海外

バルト3国(ラトビア、リトアニア、エストニア)は東ヨーロッパに位置しバルト海に隣接する3カ国の総称です。

ではそのバルト3国の物価や、住みやすさはどうなのかについて書いていきます!

 

海外でプロサッカー選手を目指す22歳ブロガーかけちです。

私が実際に行ってみて感じたことをリアルに紹介していきます!!

 

この記事でわかること!

バルト3国の

・物価      ・住みやすさ     ・食事
・治安      ・言語        ・人間性
・コロナの影響

 

 

物価について

物価は安いです!様々な物価を紹介していきます。

 

食べもの

まずは1番気になる食べ物から。

感覚的にはほとんどのものが日本より安いと感じました!
トータルで日本の値段の3分の2と言ったくらいです。

パンなんかはとても安くて助かりました。
フランスパンくらいのサイズのモチモチしたスライスパンが日本円で30円位で、1つ買えば1食分になるほどのボリューム。
私はそれにハムやサラダを挟み、ドレッシングをかけて食べていました。
それで1食100円もしません!

パスタもとても安く自炊をすればかなり食費は抑えられます!

外食をするのはコロナの影響であまり出来ませんでしたが、カフェやファストフード店でテイクアウトはできました。
カフェのパンはとても安いです。コーヒーは日本と大差ないかなといった感じ。
マクドナルドはあっちにもありましたが、値段はそこまで日本と変わらなかったです。

飲み物も基本安め。
自販機はありませんが、スーパーで2リットルの水が20〜30円くらいでたくさん買いました!
水道水も飲めなくはないようですが、日本の方が美味しかったですね。
ジュース類も安かったです!

ちなみにこっちの国の主食はじゃがいもです!
ラトビア人に料理を作ってもらいましたが、じゃがいもと肉を焼肉のタレっぽい味付けでしてくれました。
めっっちゃうまい!!

 

宿泊施設

ホテルはかなり安い!!!

日本でいうAPAホテルのようなビジネスホテルが1泊1000円位で、個室でシャワーがついて最高でしたね。。

もう少し古くてトイレやシャワーが共有のところで1泊500円くらいのところもありました。

他にもキッチンや洗濯機、シャワーなどが共有で民泊のような施設が多くありました。
生活に必要なものがこれだけついて1泊1000円位です。他の肩と同じ家に住むこともありますが、現地の方や文化に触れられてとてもおすすめです!

 

公共交通機関

次にバスや電車などの公共交通機関。

これも結構安かったですね!

市営バスみたいなものは、100円〜200円くらいで終点までいけました。
ちょっとした移動にとても便利です。
他にも私はラトビアからリトアニアへ国をまたぐ時に使いました。Wifiがついていて1000円くらい。とても楽に国境を越えられました。

電車も同じような感じでした。

 

トータルで見て物価が安いことがわかって貰えたと思います!
ヨーロッパの中でも安い方でとてもいいです!!

 

住みやすさは?

気温

季節でいうと冬は「我慢の冬」と言えるでしょう。。

気温はマイナス20℃まで下がり寒いというより痛いです。雪もかなり積もるためなかなか生活しづらいです。

しかしこの寒さだからこそ見れる素敵な景色もあります。
空気が澄んで日が沈む景色が綺麗だったり、川が凍っていて歩くことができます。
こんな世界があるんだと世界だけでなく心も広がった気がしました。

夏はそこまで気温も上がらないので住みやすいと思います。

 

綺麗な空と目の前は凍った川です。写真じゃ伝わらない絶景。

 

治安

日本が段違いに治安がいいので比べると治安は悪いですが、普通に生活している分には怖いことはなかったです!

ヨーロッパの中でも治安はいい方でとても住みやすいと思います。

荷物を置きっぱなしにするとか、後ろポケットに財布を入れないとか最低限のことはしておいた方が安全です。
駅にいたりすると物乞いをしてくる人がいますが、スルーしておけば離れていきます。

 

人間性、性格

わからないことだらけでたくさんの人に道を教えてもらいましたが、みんな優しく教えてくれました!若い方も年配の方もみんな優しかったです。

子供たちは最初違う人種の人で怖がっている様子でしたが、一緒にそりすべりしたらとっても仲良くなりました!

たくさんの友達ができてとてもいい人たちばかりでした!!

 

言語

言語はそれぞれラトビア語、リトアニア語、エストニア語があります。

正直これは難しすぎて手も足も出ません、、、
しかしほとんどの人が英語を話せます。年配の肩はあまり話せない印象でしたが、若い人はみんなペラペラです。

日本じゃ考えられませんよね。

この教育を日本でもして欲しいところです、、

というわけで英語が少し喋れればなんとかなります!
今は翻訳アプリなんかもありますからね!

 

コロナの影響

私が行った2021年2月ごろはロックダウンをしていてお店はほとんどやっていませんでした。
カフェやファストフード店はやっていますが、店内は1席も空いていません。

やはり海外は日本と違いかなりの徹底ぶり。
外ではマスクをしていない人が多いですが、店内やバス電車では全員がつけていました。

最近はロックダウンが解除されてだいぶ活気が出てきているようです!

 

まとめ

あまり知られていない国ですが、海に近くとてもいい国です。
今回は観光地の紹介ではなく物価や住みやすさなどの紹介でした。
物価はとにかく安いし、人柄もよく住みやすい国だと思います!

是非コロナが収まっていく機会があれば参考にしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました